車の売却

車下取りと買取店に売却ではどっちが損をしない?

投稿日:

一般的にはディーラーでの『車下取り』よりも『買取店に車売却』したほうがクルマは高く売れます。

下取り査定より、中古車買取店の売却査定のほうが20万円以上も高いことは、よくあることです。

車下取り相場と車買取相場は、「まったく別物」だということを知らない人が多いのが事実です。

車下取り相場と車買取相場が、どのように違って、なぜ中古車買取店に車を売却したほうが高いのか?

多くの人が知らない、この仕組を知ることで、ディーラー下取りでも損することなく車を手放すことができるでしょう。

覚えておきたい車の下取りと買取について

まずは、『車下取り』と『車買取』の違いを理解しましょう。

  • 車下取り=新車を買う販売店にいま乗っている車を売り、新しく買う車の購入資金の一部にすることを車下取り
  • 車買取=中古車買取業者に、今乗っている車を売却することが車買取

つまり、車買取とは、ディーラーなどといった車を買う場所とは全く関係のないところで売却が行われることなのです。

車は下取りよりも買取のほうが高く売れる?

下取りと買取の違いがわかったところで気になるのが、どちらが高く車を売却できるのか、ということですよね。

昨今では、車は中古車買取業者に買取してもらったほうが得をすることがほとんどです。

その理由は・・・

1.中古車買取業者は独自の販路を持っている

中古車買取業者は、独自の販路で買い取った中古車を捌いています。

そのため、マージンを大幅にカットするなどが可能であり、高額買取に繋がっています。

2.中古車市場の動向がダイレクトに価格に反映される

中古車買取業者は、販売を専門としているディーラーなどとは違い、中古車の買取を専門としている業者です。

いわゆる買取のプロなので、中古車市場の動向を日々チェックし、そのときの価値をダイレクトに車の価格として反映させることができます。

さまざまなリスクを考慮して下取り査定をするディーラーよりも、高値で売却することが可能となっています。

3.さまざまな方法で価格アップが期待できる

付属品をアピールしたり複数社を競合させたりと、さまざまな方法で査定額をアップさせられる可能性があります。

下取りではそういった交渉に応じてもらえないことがほとんどなので、買取のほうが高額で引き取ってもらえます。

車は下取りよりも買取のほうが高い理由

  • 中古車買取業者は独自の販路を持っている
  • 中古車市場の動向がダイレクトに価格に反映される
  • さまざまな方法で価格アップが期待できる

車下取りと車買取のメリット・デメリット

買取のほうが高額売却できる可能性が高いと前述しましたが、車下取りと車買取にはそれぞれ良いところと悪いところがあります。

ここを理解すると、損することなく愛車を手放すことができるでしょう。

車下取りのメリット

1.新車購入までの手続きがスムーズに進む

車の売却から新しく手に入れる車の購入まで、一つの場所で終えることができるので手間を掛けたくない人や時間がない人であれば、下取りを選択すると良いでしょう。

2.新車の値引きをしてもらえる

下取り車があれば、「下取り車があるという前提」で、新車の値引き交渉を有利に進められることがあります。

下取り査定交渉・新車値引き交渉では、今乗っている愛車の査定額をあらかじめ調べておくことが大切です。

少しでも交渉材料を用意しておくことが、有利に交渉を進める上で重要です。

車下取りのメリット

  • 新車購入までの手続きがスムーズに進む
  • 新車の値引きをしてもらえる

車下取りのデメリット

1.とにかく査定額が低い

人気の車種であったり人気のカラーであったとしても、車の下取り査定額には反映されません。

下取り額は車販売店のマニュアルによって決まるものですので、中古車市場の需要は無視されるのです。

さらに、ディーラーは下取り車をそのまま中古車買取店に売却するので、それでいて利益が出るようにしか査定額をつけません。

2.社外はマイナス査品定

タイヤ・ホイール、エアロパーツ、オーディオ等、あなたが手間暇かけて素敵な車にしていたとしても、社外品が装着してあればまったく下取り査定額に考慮されません。

むしろ、残念ながらマイナス査定の原因になることがあります。

故障や不具合が起こった場合、それが社外パーツに起因している可能性があるなどの理由からです。

3.査定額の比較しにくい

下取りに出すということは新しい車を購入することを前提としているので、ある程度新しく乗りたい車やそれを購入するディーラーが決まっているということです。

そのため、下取りの査定額は複数社を比較することが難しく、また、複数社で下取り査定してもらったとしても新車の値引きなどを考慮して比較しなければならないので、結局どこが得なのかわかりにくいでしょう。

4.10年落ち10万キロは良くて無料引取り

年式が10年以上古い車や走行距離が10万キロ以上の車は、下取り価格がつきにくく、良くて無料引取りというケースが多いです。

下取りでは引取りさえ断れられることも少ないので、高年式や多走行の車は下取りに向いていないでしょう。

車下取りのデメリット

  • とにかく査定額が低い
  • 社外はマイナス査品定
  • 査定額の比較しにくい
  • 10年落ち10万キロは良くて無料引取り

車買取のメリット

1.社外品が査定額アップに繋がる

あなたの車に付いている、社外メーカー品の「オーディオ」や「カーナビ」なども車の査定額にプラスに影響することがあります。

中古車買取業者のなかには社外品を評価してくれるところもあるので、査定額アップに繋がる可能性は低くありません。

2.複数社の査定額を比較できる

複数の買取業者で査定額を比較することによって、一番高く買取をしてくれるところにあなたの愛車を売却することができます。

また、複数社を競合させることで査定額が吊り上がり、高額売却が可能です。

3.10年落ち10万キロでも価値がつく

価値がないと判断されがちな高年式車や多走行車ですが、現在の技術で作られた車は、それだけでは寿命とは言い切れません。

まだまだ現役で走れる車もあるし、もう走れなくても使える部品に価値が付く場合もあります。

高年式や多走行であっても、その車に適切な価値をつけて取引してくれるのが車買取です。

10年落ち10万キロでもちゃんと買取してくれる中古車買取業者があります。

4.輸入車でも高額売却できる

輸入車は国産車と比べると故障のリスクが高く、部品なども割高になることから、下取りでは驚くような低額がつくことが多いのです。

しかし、中古車買取業者はそれぞれ得意としている分野があるので、たとえ輸入車であっても高額で買い取ってくれる業者がいます。

いろいろな中古車買取店で査定を受けてみると、あなたの愛車を高く買取してくれる業者と出会えるでしょう。

高く買取してくれる中古車買取業者を見つけるには、『かんたん車査定ガイド』などの、無料で利用できる中古車一括査定サービスを使うと、すぐに見つけることができます。

車買取のメリット

  • 社外品が査定額アップに繋がる
  • 複数社の査定額を比較できる
  • 10年落ち10万キロでも価値がつく
  • 輸入車でも高額売却できる

車買取のデメリット

1.査定額の有効期限が短い

車の買取額というのは日々変動しているので、査定してもらったときとその1週間後とでは、査定額が変わっている可能性があります。

愛車を高く売却するためには、査定をしてもらったあとなるべく早いうちに売却する決定をしなければいけません。

車買取の相場が日々変動することは、買取の悪いところになるでしょう。

2.高額買取してくれる業者を探さなければならない

車買取で高額売却を目指すなら、複数社に査定を依頼することが必須となります。

まずは買取対応してくれる業者を探すことから始めないといけないので、下取りよりも手間となります。

3.新車の納車と中古車の売却が調整しづらい

買取は新し車を買うこととは全く別のところで動くことになるので、新しい車との乗り替えがスムーズにいかないことも考えられます。

少しの間、車なしでの生活を強いられる可能性もあるので、車がないと困る場合は調整をしっかりしなければなりません。

車買取のデメリット

  • 査定額の有効期限が短い
  • 高額買取してくれる業者を探さなければならない
  • 新車の納車と中古車の売却が調整しづらい

車下取りと買取のメリット&デメリットまとめ

メリット デメリット

車下取り

◎車の乗り替えがスムーズ
◎新車の値引き
▲査定額が低い
▲社外品はマイナス査定
▲複数社の査定額が比較しづらい
▲10年落ちや10万キロは価値がつかない

車買取

◎社外品に価値がつく
◎複数社の査定額が比較しやすい
◎10年落ちや10万キロでも価値がつく
◎輸入車でも高額売却可能
▲査定額の有効期限が短い
▲高額買取してくれる業者を探さなければならない

▲車の乗り替えがしづらい

下取りにも買取りにも、それぞれメリットデメリットがあります。

しかし、買取りの場合はデメリットを解決してくれる便利なサイトがあるのです。

それが中古車一括査定サイトです。

車などの情報を一回入力するだけで、買取してくれる業者を表示してくれ、そのままその複数社に査定依頼をすることができます。

たくさんの業者に査定をしてもらい、買取金額や中古車の引き渡し時期などの相談に応じてくれる業者を選べば、納得いく取引ができるでしょう。

-車の売却

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.