車検

車検にかかる日数や時間ってどのくらい?早いのはここだった

投稿日:

車を日常的な足として利用している人にとっては、車検にどのくらい時間がかかるのかとても気になるところです。

数時間ならともかく、何日も車がないとなれば困ることになりますよね。

代車を用意してくれる場合もありますが、やっぱり自分の車が良いにこしたことはありません。

できれば、なるべく短い時間で車検を終わらせたいものです。

しかし、短ければいいというものでもありませんよね。

「点検や整備もしっかりしてもらいたい」

「車検項目以外の部分も見てほしい」

など、車検に求めるニーズはそれぞれあると思います。

ニーズにマッチした車検を選ぶために、以下のポイントを抑えておきましょう。

車検にかかる所要時間の平均

 

車検にかかる時間は、だいたい30分~2、3日と言われています。

かなり幅があるのは、どこで車検を受けるか、どんな不具合があるか、などで大きく変わってくるからです。

どのくらい時間がかかるか一概に言えない部分が大きいのですが、下記に車検方法とだいたいの所要時間をまとめてみました。

 

ディーラー車検

主な場所

TOYOTA、HONDA、NISSANなど

車検所要時間

日~2、3日

補足

一番時間がかかる車検といわれていますが、トヨタの「その場で、車検」など、最近は1時間以内で終わるものもあります。

車検フランチャイズ店

主な場所

ホリデー車検、車検のコバックなど

車検所要時間

約30分~3時間

補足

早さを求めるなら車検フランチャイズ店はおすすめです。

一般整備工場

主な場所

個人経営、町工場など

車検所要時間

2~4日

補足

基本的に最短で1泊2日のところが多いようです。

カー用品店

主な場所

オートバックス、イエローハットなど

車検所要時間

約1時間~1日

補足

即日完了のところが増えてきており、便利になっています。

ガソリンスタンド

主な場所

ENEOS、出光、昭和シェル石油など

車検所要時間

2、3時間~2、3日

補足

込み合う時期を避けると、短時間で終わることもあるようです。

ユーザー車検

車検所要時間

30分~2、3時間

補足

検査コースに通すだけならすぐ終わりますが、不具合があって再検査となれば日を改めなければならないこともあります。

どうして車検の方法によって所要時間が違うの?

 

上記に車検方法とだいたいの所要時間を紹介しましたが、かなりばらつきがありますよね。

では、なぜこのように違いが出てくるのでしょうか。

まずは車検の手順について知ろう

車検を依頼するところによって所要時間に違いがある理由を理解するには、まず車検の手順について知っておく必要があります。

車検、車検といいつつ、実際に何が行われているのか詳しく知っている人はあんまりいないのではないでしょうか。

この機会に、社会勉強がてら知っておきましょう。

1.24ヶ月法定点検(約15分)

法律で定められた定期点検です。

24ヶ月ごとに行わなければならず、車検時に行うことが一般的です。

2.整備

交換しなければならないなどの個所があれば、整備が行われます。

部品によっては取り寄せに数日必要だったりするので、車検に2、3日かかることがあります。

3.検査(約10分)

車検の主たる部分となり、車の安全性を確認する検査です。

4.追加整備

検査で不具合などがあった場合、追加整備が行われます。

部品によっては取り寄せに数日必要だったりするので、車検に2、3日かかることがあります。

5.再検査

検査に合格しなかった場合は追加整備を繰り返し、合格するまで再検査となります。

6.適合標章(仮車検証)発行・書類作成など(約10分)

無事に検査に合格すると、適合標章(仮車検証)が発行されます。

必要な書類の作成や、車の状態についての説明もあります。

今後のメンテナンスにおける案内などがある場合もあります。

メモ

本物の車検証は陸運局で発行してもらう必要があり、後日来店か郵送などで手に入れることができます。

車検自体はすぐに終わる?

上記でわかるように、点検や検査にべらぼうに時間がかかるわけではありません。

むしろ、検査自体は約10分で終わるので、なんの問題もなければ1時間程度で十分終わりそうなものです。

それなのに、なぜディーラー車検は時間がかかるといわれているのでしょうか。

逆に、なぜ車検フランチャイズ店やカー用品店はスピーディーなのでしょうか。

ディーラー車検に時間がかかるわけ

車検に車を数日預かることが多いディーラーですが、その理由は良くも悪くもディーラー車検ならでは理由があります。

厳密なチェック項目

点検や整備を厳密なチェック項目で丁寧に見ているので、他の業者よりも時間がかかります。

メーカーの看板を背負っている分、自社の車に関するサービスなら高品質なものでなくてはなりません。

なので、スピードよりも質を重視しています。

車検項目以外のチェック

ディーラー車検は車検項目以外も一緒にチェックするので、その分時間がかかります。

もちろん、車検項目以外の整備もしてくれるので、ディーラー車検に出しておけば安心して乗ることができます。

車検が混む

いろんな場所で車検が可能となった今でも、ディーラー車検は質が高いので人気があります。

車検目的で訪れる人が多いと混雑するので、時間を要してしまう原因のひとつとなっています。

車検フランチャイズ店の車検時間が短いわけ

ホリデー車検などの車検フランチャイズ店では、車検の早さを売りにしているところが多く見られます。

ここまで早くできる理由は、車検専門店だからこそできる理由があります。

整備士が多い

車検を専門としているだけあって、整備士が多く在中しています。

1台に対して複数の整備士がつけるので、点検や整備が早く終わるのです。

車検方法のマニュアル化

フランチャイズ系独特ともいえますが、店舗によって差が出ないように車検方法を細かくマニュアル化しています。

そのため、効率よく作業が行えるので、スピーディーな車検を可能としているのです。

カー用品店の車検時間が短いわけ

オートバックスなどのカー用品店も、車検に力を入れているところが多くなってきました。

他の業者と競合するため、スピード車検を全面的に売り出しているところをよく見かけます。

予約管理の徹底

車検の予約管理を徹底して行い、無駄な時間がないようにスケジューリングしています。

そうすることで、効率よく作業を進行できるのです。

作業に合わせた人員配置

状況に合わせてスタッフを配置しているため、作業に無駄がありません。

短時間で終わらせることができ、スピード車検を実現しています。

一般整備工場について

一般整備工場の車検所要時間として、上記で「2~3日」と紹介しました。

しかし、個人経営だったり小規模な業者だったりするので、スタッフの人数や設備などに違いがあります。

なので、車検の所要時間も実質的には工場によってかなりばらつきがあります。

ガソリンスタンドの車検について

ガソリンスタンドの車検は、2、3時間~2、3日と所要時間にかなり幅があります。

その理由は、以下です。

本業の合間に点検などを行う

ガソリンスタンドは給油や洗車などが本質的な業務となります。

車検はその合間に行われるので、ガソリンスタンドの混み具合などによって所要時間が変わってくるのです。

車検場に車を持って行く

ガソリンスタンドは、その場で検査ができないところがほとんどです。

スタッフが検査のできる車検場に車を持って行くので、その分時間がかかり、車検場が混んでいたらさらに時間がかかります

ユーザー車検について

ユーザー車検は、他の車検方法と違い、自分で検査場に車を持って行って検査するという方法です。

車検場でかかる時間は、混雑状況にもよりますが、再検査などがなければ30分程度で終わります。

自宅から検査場が遠い場合は、その往復に時間をかけなければなりません。

まとめ

車検の所要時間は、車検を出すところや時期によって変わってきます。

割高でも安心がほしい人なら車検項目以外もチェックしてくれる『ディーラー車検』。

というように、自分の都合や車の状態を考え、最適な車検を選びましょう。

いずれにせよ基本的には、2~3日は車検に必要だと考えて予定を立てると良いでしょう。

-車検

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.