中古車

新古車と新車ではない理由と購入する時の注意点やメリット・デメリット

投稿日:

一昔前まで、中古車市場でよく耳にした「新古車」という言葉ですが、公正取引委員会で禁句になったので、現在の中古車業界では、「未使用車」という言葉で使われています。

今回は、セールスの現場では未使用車とされている「新古車」について紹介します。

新古車(未使用車)って何?

新古車(未使用車)とは、一言でいうと一度も一般ユーザーの手に渡っていない新品同様の中古車です。

「誰も使ってないなら新車じゃないの?」

「新品同様なら新車で売ればいいんじゃないの?」

と、思うかもしれませんが、ここには自動車業界のさまざまな事情が絡んでいるのです!

新古車(未使用車)が新車ではない理由

新車とは、名義などが一度も登録されていない車となります。

そして、新古車とは誰も使ってないが、すでに登録されたことがある車となります。

一度登録されてしまうと、それは新車ではなく中古車扱いとなるのです。

そのため、中古車販売店などで新車以下の値段で売りに出されることになります。

そこで疑問に思うのが、

「誰も使わないのに、誰が誰の名義で何のために登録したの?」

ということでしょう。

その答えは、主に以下となります。

ディーラーが登録

新車販売ディーラーが、自社の売り上げを伸ばすために自社名義で新車を買い、それを新古車として中古車市場に流すことがあります。

なぜそのようなことをするかというと・・・

  • 自社ノルマ達成のため
  • メーカーから奨励金をもらうため
  • 試乗車として使用するためなど

新古車のほとんどがこのような理由で中古車市場に並んでいます。

営業マンが登録

個人ノルマ達成のために営業マンが自腹を切って購入し、中古車市場に流すことがあります。

もちろん、個人で何台も購入できるわけがないので、こういった理由での新古車は稀になります。

一般ユーザーが登録

新車を売る側の事情ではなく、新車を買う側の事情で新古車となることもあります。

新車の登録後になんらかの事情で購入者がキャンセルをした場合、その車はディーラーの手によって中古車市場に流され、新古車として再び売りに出されるのです。

新古車(未使用車)を購入するメリット

誰かが一度登録しただけで新品同様。

しかし、カテゴリは中古車なので価格は新車以下。

だったら、新車を買うよりも非常にお得だと思いませんか?

新古車には、このほかにもメリットがたくさんあります。

新車と同じ仕様で新車より安い

ほとんど新車と同じ状態ですが、中古車として売りに出されるので新車より低価格になります。

新古車を買うときの大きなメリットがこの理由です。

車検有効期間が長い

中古車を選ぶ際、ひとつの基準となるのが車検の有効期限です。

新古車はほぼ新車なので、車検が長く残っているのが特徴です。

自動車重量税が0円

自動車重量税は車検時に支払うので、車検が残っている中古車を購入する際には必要ありません。

そのため、新古車にも必要ないケースがほとんどです。

4/1以降に購入すればその年度の自動車税が0円

4/1時点での車の所有者に課せられる自動車税ですが、新車は年の途中で購入すると月割りで自動車税が課せられます。

新古車の場合は4/1以降に購入すればその年度の自動車税を支払わずに済みます。

新古車を買うデメリット

新車より車検有効期間が短い

車検有効期間は陸運局で登録した日からになるので、一度登録されて新古車となり、中古車市場に出回るころにはすでに数ヶ月経過しています。

そのため、車検有効期間は新車よりも短くなっています。

ボディカラーやオプション品などが選べない

新古車は完成された車として中古車市場で売られるので、新車のようにボディカラーを選んだり、サンルーフや電子制御など製造過程で追加するオプション品を選んだりできません。

色も仕様も在庫中から選択するしかなく、追加可能なのは後付けできるオプションのみです。

人気車種やカラーが少ない

新古車は、もともと売れにくい新車を登録して中古車市場に流しているものがほとんどなので、売れ行きのいい人気車種やカラーが新古車となるのは稀です。

あったとしてもすぐに売り切れてしまうので、流行の車を新古車で手に入れるのは難しいでしょう。

軽自動車を買うなら新古車(未使用車)が良い?

今の中古車市場には、軽自動車の新古車が数多く出回っています。

その理由は、メーカーの熾烈なシェア首位争いが軽自動車市場で行われているからです。

軽自動車の売り上げ日本一を狙うスズキやダイハツ、Nシリーズで軽自動車の販売台数を伸ばしているホンダなど、各メーカーが必死になってシェア増加を狙っています。

そのため、そんなメーカーから圧力をかけられる販売現場のディーラーは、苦肉の策として軽自動車を新古車として中古車市場に流出させるケースが増えています。

そういった理由から、軽自動車に限っては人気車種の新古車と出会える可能性が高くなっています。

軽自動車を買うなら、新古車を探すのもおすすめです。

新古車(未使用車)を買うときの注意点

新車より高くないか確認する

新古車は新車とほぼ同じなので、他の中古車よりも値引き幅が少ないのが特徴です。

ほとんど新車なので当然のことなのですが、新車を買う際もある程度の値引きがあるので、あまり値引きされていない新古車だと新車を買うほうがお得な場合があります。

新古車を買うときは、新車の見積もりも取得したうえで検討すると良いでしょう。

保証を確認する

新古車の保証には主に下記2つパターンがあります。

  • 新車の保証を継続・・・新車同様の保証内容で、保証期間も長い
  • 中古車の保証になる・・・中古車の保証内容になり、保証期間が短い

新車の保証を継続できる新古車を選ぶのがいいですが、新車の保証継続に1~2万円費用がかかることがあります。

キズなどがないか確認する

新古車のなかには、試乗車として活躍していたものもあります。

日常使いはされていないとはいえ、誰かが試し乗りしている可能性があるので、キズなどがないか確認しましょう。

付属品について確認する

新古車のなかには、フロアマットやドアバイザー、ナンバーフレームといった基本の付属品がないものがあります。

それを購入しなければならない場合、せっかく車が新車より安いのにもろもろの費用が必要で結局新車と同じくらい、もしくは高くなった、ということも考えられます。

付属品の有無や価格についても注意が必要です。

まとめ

新古車は、ディーラーなどが諸事情で登録のみされたものなので、ほとんど新車です。

新車より安く、他の中古車より良い状態ですが、カラーが選べないなどのデメリットも存在します。

また、購入するには注意すべきところもあるので、お得感だけで飛びつかずにしっかり検討しましょう。

-中古車

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.