車の売却

車の買い替えタイミングは?いつ車を売るのがベストか?

投稿日:

車は一生使えるものではないので、買い替えなど手放すタイミングを考えなければなりません。

そして、手放すならほとんどの人が売るという方法を選択するでしょう。

売るなら、少しでも高い価値がつくうちに手放したいもの。

では、車の状態において、いつ売るのがベストなのでしょうか。

今回は、使用年数と走行距離に関する売り時をご紹介します。

車は何年サイクルで売るのがいい?

中古車の買取価格は、年式だけで決められているわけではありません。

そのため、一概には言えない部分もありますが、強いて指標を示すなら下記のタイミングで売るのがお得だと言われています。

  • 新車から3年
  • 新車から5年

なぜ3年で売るのがお得?

新車からたった3年で売れば、高く売れるのは想像がつきます。

しかし、ドライバーによっては

「3年しか乗ってないのにもったいない。。。」

と感じるかもしれません。

3年がひとつの目安となっているのは、車検が関係してきます。

1回目の車検は新車登録してから3年ですが、これを受けると車検代がかかってしまいます。

たった3年しか乗っていない車を車検前に売れば、高額査定で現金が手に入り、車検代を支払わずに済みます。

それでまた新たな車を手に入れれば、お得に買い替えができることがあるのです。

4年目に買い替えると車検代も必要だし、3年落ちよりも車の価値が下がるということなのです。

なぜ5年で売るのがお得?

5年で売るのがお得だと言われている理由も、車検が関係してきます。

2回目の車検は新車登録から5年なので、その前に売れば2回目の車検代は不要となるわけです。

5年以内だと比較的高値がつくため、お得に手放すことができます。

また、車のモデルチェンジが行われるのが2~6年と言われており、新しいモデルになると前のものは査定額が下がる傾向にあります。

5年以上が経過するとモデルチェンジしている可能性が高いので、その前に売ってしまうのがいいという理由もあります。

車の走行距離は何キロ以下で売るのがいい?

走行距離は、それだけで言えば平均で年間1万km以内であれば査定のマイナスポイントにならないと言われています。

例えば、3年落ちで売る場合なら3万km以内、5年落ちなら5万km以内であれば、査定額に大きく影響しないのです。

しかし、中古車の価値は走行距離だけで判断されるものではないので、そのことを留意しておきましょう。

売るなら8年以下8万km以内

一昔前の日本では、「10年落ちや走行距離が10万km超えの車に価値がない」とされてきました。

現代は車の性能も寿命も格段に上がっているので、10年10万kmは神話と呼ばれるほど根拠のない数字となっています。

しかし、それでも10年10万kmは、未だに中古車を買う人の心にかなり影響を与える数字なのです。

「10年落ちや10万km走った車は避けたい」と考える人が大多数となります。

車の性能的には神話でも、中古車を買う人の心理的には実話でないのです。

業者もそのことを理解しているため、10年落ちや走行距離が10万km以上の車は、状態が良くても査定額を低くする傾向にあります。

なので、もし乗り換えのために売るなら8年以下、8万km以内がいいでしょう。

乗り潰すのが一番お得という話も

数年ごとに買い替えるより、とことん乗り潰すのがベストという説もあります。

最近の車は、普通に扱っていれば20年くらい大丈夫といわれています。

その間の車検代や消耗品の交換にかかる費用などを考えても、3年ごとに新車を買うより安く済む場合があります。

また、今では廃車にしかしようがない車でも、買取業者や下取りで引き取ってくれることが多いので、乗り潰したとしても廃車にしなくていいのです。

廃車に必要な手続きや費用がいらないことを加味すると、乗り潰して引き取ってもらうのもお得に車を手放すひとつの方法です。

まとめ

結婚したり子どもができたりのライフイベントなどの理由で数年の間に車を買い替える必要がある場合は、3年や5年の車検前に売るのがお得に乗り換えできる節目とされています。

また、10年落ちや走行距離が10万kmオーバーの車は査定額が低くなるので、乗り換えのために手放すなら8年以下、8万km以内で売りに出しましょう。

それ以上乗った場合は、乗り潰してから手放すことも考えましょう。

-車の売却

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.