車の売却

修復歴・事故歴のある車って売ることできる?買う時のメリットは?

投稿日:

修復したことがあったり、事故したことがあったりする車を手放そうと考えたとき、

「修復したから売れないだろうな」

とあきらめていませんか?

実は、そんなことはありません!

修復したことがあっても事故したことがあっても、売却できる可能性があります。

では、修復歴や事故歴がある車を売る際のポイントを紹介します。

修復歴・事故歴とは何かを知っておく

修復歴がある車は、査定をする際にいわゆる「修復歴車」と呼ばれます。

そして、事故歴がある車は「事故車」・・・ではありません。

査定のなかでは事故があったかどうかではなく、修復歴があるかないかで車を診ていくので、正確には、事故車という言葉は存在しないのです。

査定士のなかには、お客さんにわかりやすく伝えるために「事故車」という言葉を使う人もいますが、本当は「修復歴車」です。

修復歴車となる車

修理したことがあったら全部「修復歴車」になるかというと、そうではありません。

以下の部分が修復されたり交換されたりした場合、その車は修復歴車となります。

  • フレーム(サイドメンバー)
  • クロスメンバー
  • インサイドパネル
  • ピラー
  • ダッシュパネル
  • ルーフパネル
  • フロア
  • トランクフロア
  • ラジエータコアサポート

上記以外の部分がどうなってどうされようと、修復歴車にはなりません。

しかし、上記9カ所のうちひとつでも修復したり交換したりした場合は、どんなに軽微な修復でも、修復歴車となります。

査定額への影響と査定中に気を付けたいこと

修復したことがあったり事故を起こしたことがあったりする中古車を売却することは可能ですが、もちろん査定額に影響を及ぼします。

ですが、査定の大きなポイントは「修復歴車であるかどうか」です。

修復したことがあっても、事故を起こしたことがあっても、修復歴車でなければそれなりの査定額は望めます。

しかし、査定する側は少しでも安く買い取りたいので、修復歴車でなくても修復や事故があった車には、ここぞとばかりに「査定額低いですよー」と言ってくるでしょう。

修復歴車が何かを知っておけば、修復歴車じゃない場合にそのことを伝えることができます。

「車に対して知識を持っている人」と査定士に認識されるので、いい加減な低い査定額を提示することを抑止できるでしょう。

修復歴車だったら売れない?

修復や事故の有無ではなく、修復歴車であることが売却時の査定に大きな影響を及ぼすことは前述しましたが、そこで気になるのが自分の車が修復歴車の場合ですよね。

「修復歴車になったら売れないの?」

という心配が出てくると思いますが、売れないことはありません。

世の中には「修復歴車が欲しい!」という人や業者がいるのです。

修復歴のないきれいな状態の車と比べると査定額は落ちるかもしれませんが、ちゃんと価格がつく可能性は十分あります。

修復歴車ありの車を高く売る方法

売れるなら少しでも高く売りたいですよね?

そのためには、買取対応可能な複数の業者に査定してもらって、高く買い取ってくれる業者を探す必要があります。

そこで便利なのが、中古車一括査定サイトです。

下記のページを参考にしてください。

プリウスの売却額が相場より30万円UPになったすぐに無料で簡単にできる方法

まずは、愛車を高く売却できた人が行ってきた3つのポイントをチェックしてみましょう. 下記の3つのポイントをチェックした人が納得して車を売却できた人です。 それは・・・ 複数の買取店に査定してもらう し ...

続きを見る

業者に買い取られた修復歴車はどうなる?

「修復歴車なんか買い取って何になるの?」と不思議に思うかもしれませんが、業者に買い取られた修復歴車の行く末は、主に以下となります。

  • 中古車として売る・・・軽微な修復だと修理して再び市場に出ることがある
  • 海外へ輸出・・・日本で需要がなくても海外で需要が高い場合がある
  • 部品や素材を再利用・・・修復歴車でも部品や素材に価値がある場合はそれが再利用される

安く買えるのが良い!修復歴や事故歴ありの中古車

 

修復歴や事故歴があっても、軽微な修復で済んでいるものは念入りに修繕されて中古車市場に売りに出されます。

しかし、修復歴車というだけで誰もが敬遠したがります。

だからこそ、そういった車は安く市場に出されるのです。

その安さこそが、修復歴や事故歴を買うときの大きなメリットなのです。

「それでも安全性に問題があったり故障する可能性があったりするなら誰も買いたくないのでは?」

と考えられがちですが、それは中古車すべてに言えることです。

修復歴や事故歴がなくても、中古車を買うならそのリスクを承知しておかなければなりません。

そして、修復歴などがあった中古車でも、しっかり修理されていれば長期間問題なく乗れる車もあるのです。

そういった車が安く手に入ったら、かなりお得ですよね。

修復歴や事故歴がある中古車を選ぶ際のポイント

修復歴や事故歴がある中古車は、それはそれは魅力的な価格で売りに出されています。

そのため、購入を検討する人も出てくるでしょう。

その際には、以下のことに注意しましょう。

1.必ず試乗させてもらいましょう

中古車を買うときは、修復歴などの有無にかかわらず、必ず試乗させてもらいましょう。

車検が残っていない車は試乗できませんが、逆に言うと試乗できないものは買わないほうが懸命です。

試乗の際は、下記2つをチェックしましょう。

まっすぐ走るか(ハンドルを離した際に車体が左右どちらかに寄ってしまわないか)

変な振動や音がしないか(エンジン音などに違和感がないか)

2.保証内容を確認しましょう

修復歴や事故歴がある車で一番不安なのは、購入後に何らかの不具合が出てしまわないかどうかです。

そういった故障を購入後でもちゃんと修理対応してくれる保証付きのものを選びましょう。

レッカー牽引などのロードサービスが受けられるものもあるので、安心してドライブに出かけるためにも保証内容の確認は必須です。

3.車両状態の情報を開示してもらいましょう

修復歴などがある中古車は、見えない部分の車両状態がとても気になるところです。

以下2つを対応してくれるお店から買うようにしましょう。

  • 修復個所などの丁寧な説明
  • 車両の状態を示したコンディションノートの提示

まとめ

修理をしたり事故をしたりしたことがあるからといって、必ずしも査定額に大きく影響を及ぼす「修復歴車」となるわけではありません。

修復歴車がなんたるかを知っておけば、ちゃんとした査定額をつけてもらえるでしょう。

また、修復歴車を購入する際も、保証内容などに気をつければ悪い買い物になることはないでしょう。

-車の売却

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.