車の処分

10万キロ以上走った車を処分する一番良い方法

投稿日:

車の買い替え時の目安として、“走行距離が10万キロを超えたとき”というのがひとつ挙げられます。

最近は技術が発達しているので、メンテナンスさえしっかりすれば10万キロを超えてもまだまだ現役で走れます。

事実、15~20万キロの走行距離でも、何の問題もなく走っている車も珍しくありません。

車の処分は、10万キロの走行距離だけで判断する必要はないのです。

気に入っている車でまだまだ乗り続けたいのであれば、10万キロ走ったからという理由だけで無理に買い替えを考えなくてもいいでしょう。

しかし、それでも10万キロというのは、ドライバーにとって「そろそろ買い替え時かも」と思わせる目安になっている理由があるのです。

なぜ“10万キロ”が買い替えの目安となるのか

タイミングベルトの交換が必要

タイミングベルトとは、別名カムベルトとも呼ばれており、車を走らせる上でとても重要な役割を持っている部分です。

これが切れてしまうとエンジンが止まってしまうので、走行中の事故に繋がる可能性があります。

そうなる前に手を打たなければなりません。

このタイミングベルトの寿命が、10万キロと言われているのです。

また、タイミングベルトの交換が必要な車は、各パーツにも少なからず不具合が出ています。

タイミングベルト交換の際には、それらのパーツも一緒に交換することを推奨する整備士がほとんどでしょう。

言われるがままに部品を交換すると、10~20万円ほど費用がかかってしまいます。

定期検査や車検にお金がかかる

車が走る環境にもよりますが、走行距離10万キロ以上をともにしようとすると、ノーメンテナンスでいいはずがありません。

走行距離に関わらず、長く乗っていると小さな故障は出ますし、エンジンオイルなど定期的に交換が必要な部分に費用がかさむことがあります。

車検で整備が必要な場合は、車検代の請求もそれまでより高くなります。

車種や部品の消耗の仕方によって異なりますが、10万キロを超えたあとの車検費用がそれまでの車検費用の2倍かかった、という話も珍しくありません。

その後の車検が必ずすべて高額になるというわけではありませんが、走行距離が多いのは不具合が出やすくなる要因にもなるのです。

もちろん、新しい車を購入するよりも経済的なケースが多いですが、他に乗りたい車が見つかったなどの理由があれば乗り替えを検討する余地にはなるでしょう。

10万キロを超えると買い手がつかなくなる

前述しましたが、走行距離10万キロ以上でも問題なく走っている車はたくさんあります。

メンテナンスさえしていれば気にする必要がない“10万キロ”という数字ですが、一昔前まで「車の寿命は10年10万キロ」と言われており、実際、昭和の時代に作られた車はそうでした。

それがまだ日本人の習慣に根付いているので、走行距離が10万キロを超えているというだけで、敬遠される理由となっているのです。

下取りもしてもらえないことがあり、処分方法として廃車しか選択肢がないと考えてしまう人もいます。

廃車となると手続きに時間やお金がかかることがあるので、そうなる前に少しでも価値をつけて買い取ってもらうため、10万キロを超える前に手放すことを考える人が多いのです。

10万キロ走った車の処分は売却が一番良い

車は、走行距離が10万キロを超えてもまだまだ走れるので、必ずしも処分する必要はありません。

しかし、10万キロオーバーの車が下取りで無料引取りだったり、引き取りさえしてもらえなかったりするのも事実です。

では、いざ10万キロ以上走った車を処分しようとした際は、無料引取りか廃車しかないのでしょうか。

答えはNO!です。

何度も言いますが、技術の発達により、走行距離が10万キロだから車の状態が悪いとは言えない時代になっています。

まだまだ価値ある状態かもしれないので、高額売却できる可能性は十分あるのです。

また、もし状態が悪くても廃車寸前でも、買い取ってくれる業者は存在します。

10万キロ走った車を高額売却する方法

多走行車を高額売却するには、高値で買い取ってくれる業者を探すことから始めましょう。

それには、複数社に査定をしてもらうことが絶対条件となります。

ただでさえ、10万キロ以上走った車は買い手に敬遠される傾向にあるので、いい値をつけて買い取ってくれる業者は少ないかもしれません。

そのなかから高額買取してくれる業者を自力で探すのは、とても困難なことでしょう。

そんな大変なことが簡単に一瞬でできる便利なサイトが、中古車一括査定サイトです。

大企業から地域密着型の企業まで、さまざまな中古車買取業者が参加しているので、情報を入力するだけで買取対応してくれる業者を探し出すことができます。

複数社への査定依頼も一回の情報送信で済み、手間も時間もいりません。

詳細はこちらのページ

プリウスの売却額が相場より30万円UPになったすぐに無料で簡単にできる方法

まずは、愛車を高く売却できた人が行ってきた3つのポイントをチェックしてみましょう. 下記の3つのポイントをチェックした人が納得して車を売却できた人です。 それは・・・ 複数の買取店に査定してもらう し ...

続きを見る

まとめ

10万キロ走った車は、タイミングベルトなどの交換が必要な部分が出てきますが、メンテナンスを適切に行えば問題なく走ることができ、買い替えよりも経済的に乗り続けることができます。

しかし、10万キロという数字は、買い取る側に車の寿命を思わせる悪いイメージを与えるため、いざ処分しようとしたときに自力では売却という方法がとりにくい可能性もあります。

そんな10万キロ以上走っている中古車でも海外での需要や、使えるパーツを分解して販売することもできますので、買取してくれる業者もいます。

そのような業者を探す一番良い方法は、中古車一括査定サイトを利用することです。

数分で終わる登録を済ませるだけで、10万キロ以上走った車に高値をつけてくれる業者と、簡単に出会えるかもしれません。

10万キロという、長距離を共にした大事な愛車ですので、できるだけ高く売却しましょう。

-車の処分

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.